• Human Solution Div

    ヒューマンソリューション事業部 事業部長

     

     

    SYUHEI,H

  • INTRODUCE

    1991年 新潟県 出身

    母の実家が新潟なこともあり、生まれは新潟でその後は東京で育ちました。

    日本にiphoneが到来した頃からモバイル業界での営業に携わりたいと思い、大手通信キャリアに販売スタッフとして入社しました。

    2015年、アドバンサーと出会い入社。

    創業メンバーとして迎えていただき、会社の成長していく風景を常に見ることができ、現在は非常に楽しく仕事をしております。

    趣味はスノーボードや散歩です。

    また、読書も非常に好きで、何か考え事があると、

    散歩や読書をすることが習慣になっています。

     

    自分のモットーは、不可能を可能にすること!

    たくさんの挑戦をしながら自分自身も成長させていけるように

    常に難解な壁に挑戦していくことが非常に好きです。

     

  • Interview For You

    インタビュー

    この会社を選んだ理由は何ですか。

    入社の理由は至ってシンプルで、 当社代表の藤田社長に人生懸けてついて行きたいと思いました。 またアドバンサーという会社が100億円企業になる、と確信し 少しでも役に立ちたい、貢献したいという想いが強かったですね。 実際にいつも思うのが、自分はこのような環境に出会えて、 たくさんの方々に応援して頂いて非常に強運だと感じています。

    仕事の中で大切にしていることはなんですか。

    『限界を突破する事』ですね。 私はスタートアップの時にジョインし、 まだオフィスも構えていなく、社員も社長と僕だけ。 そんな時代に入社しました。 当時の業務は基本終日お客様へ営業をしており、 時折デスクワークをする仕事もありましたが、 当時は机などはなく、壁に積まれていた段ボールの上で仕事をしていました。(笑) その時のアドバンサーは、誰かに守られているという環境は無く 養ってもらえる訳でもない。 日々全力でmissionをクリアしていかないと『明日がない』という 環境でした。 だからこそ毎日が『限界突破』でしたね。 僕は富士山に2回登った経験があるんですが、 初めての登山の時、途中高山病にかかった経験があります。 体は徐々に苦しさを増していきました。 心が折れそうな自分を鼓舞しながら登山を続けると、 少し隣で登山用のレスキュー隊に担がれている下山者を見ました。 その時、自分も高山病にかかって苦しさが限界に近付いていたので 『もう無理かもしれない』と思いリタイアをしようかと思いましたが、 『なぜ、自分は富士山へ登っているんだろう』と思い返してみると『山頂で日の出を見る』という 目標を設定していました。 そこからは限界突破で登り切りましたが、ビジネスも非常に似ていると思います。 あともう少しで辿り着けそうだけど、 たくさんの障壁や問題がおきて なかなか達成できない。難しい事ばかりだ。 登山と同じく、事業を進めていく上でそんな事は日常茶飯事です。 普通なら殆どの人がそこで諦め挫折をしてしまうんではないかと思いますが、 いつも『限界を突破する』事を決めているので 苦しい時こそ、たくさん考えて知恵を絞り、現状を打破する事に集中しています。 人生ではなかなかそのような経験を得れる機会がないと思いますが、 そういった経験をしていくと、ここを乗り切ればブレイクスルーだ!というタイミングが見えてくるかと思います。

    入社後変わったことはなんですか。

    ビジネスマンとしての価値観が大幅に変わりました。 社会人になってすぐ、私は『仕事ができる人』という部類に入ろうと思い、 自分なりに仕事ができる人の定義を創っていました。 営業力の高さ、常に成績トップ、MVPとして選ばれるなど 定義を作りその定義に則って仕事をしていましたが、 実際に一流のビジネスマンや物凄い活躍している方の傍にいたり話を聞くと、 だいたいの方が『人としての心構え』が超一流でした。 常に誠実(嘘をつかない)な事や謙虚である事(驕らない)、何事にも感謝の心を持っているなど、 『常に相手目線』で『人としてどうなのか?』という事を重要視しています。 また、受けた恩は必ずお返しする心や 細かいところでも義理を通す事、温かい大きな心持ちでいるような人情など そういった面は日本を代表する経営者が共通して持っているので、 非常に学びになるのと同時に、そういった価値観を常に持つようになりました。

    夢や目標を教えてください。

    100億円企業を現実にする事です。 そして、その経験を夢を持てない若者などに少しでも還元し、 若いうちに強烈な夢を描く事で驚くほど未来が変わるんだ、という事を 伝えていきたいと思っています。 2015年に自由が丘で始まったスタートアップベンチャーが、 たくさんの経験を経て、大勢の方に応援して頂き100億円企業になる。 まだまだ挑戦は始まったばかりですが、 今まで応援して頂いている方々には本当に感謝しており、 私も同じように『応援して頂いている立場』から『応援する立場』になり、社会に貢献していきたいと考えています